2009年09月07日

『Rゴースト!』

RR_3.jpg



ROLLS-ROYCE GHOST|ロールス・ロイス ゴースト

伝統の名の復活

ロールスロイスは上海モーターショーにおいて、開発コード『RR4』の仮称で開発が進められている新型車のネーミングを「ゴースト」とすることを発表した。


ロールスのラインナップ中、最強のエンジン
このモデルは現行のファントムよりもひと回り小さいボディをもつ新シリーズで、そのサイズは、全長5399×全幅1948×全高1550mm、ホイールベース3295mmとなる(ファントムのサイズは全長5835×全幅1990×全高1655mm、ホイールベース3570mm)。

RR_10.jpg



ボディは小さくとも、搭載されるエンジンは新開発の6.6リッターV12ターボで、最高出力はなんと507ps。これはファントムの460psを誇る6.75リッターV12エンジンを上回り、現在リリースされるロールスのラインナップ中でも最強のものになるという。それでいながら、ZF社と共同開発した8速ATのトランスミッションを組み合わせたことなどにより燃費は向上し、CO2の排出量も低減。環境問題にも眼が向けられた開発が進められている。

RR_7.jpg



写真を見てわかるとおり、そのルックスは間違いなくロールスロイスのそれ。インテリアに使用されるレザーやウッド類は、最高級のものをさらに吟味して採用。逆ヒンジで開閉するリアドアは、ラグジュアリーで特別な雰囲気を醸し出している。

RR_8.jpg


ロールス・ロイスの伝統的なネーミングである「ゴースト」を冠されたニューモデルは、今年の後半から生産が開始され、早ければ9月のフランクフルトショーでお披露目される予定だという。


最強〜〜〜








車(セダン)車(セダン)車(セダン)車(セダン)車(セダン)車(セダン)車(セダン)車(セダン)


posted by YOUICHI at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。