2009年08月03日

『ふぇら〜り458!』

246514.jpg



最高速度は325km/h超!

246516.jpg



フェラーリは2009年7月28日、V8エンジン搭載の新型ミッドシップスポーツカー「フェラーリ458イタリア」を、9月のフランクフルトモーターショーで発表すると明らかにした。車名の「458」はエンジン排気量が4.5L、気筒数が8を示すフェラーリ伝統のネーミングだ。


246513.jpg



 エンジンは新開発の4499cc V8で、ガソリンを直接シリンダー内に噴射する直噴システムによって、12.5:1と高い圧縮比を実現した。最高出力425kW(570馬力)/9000rpm、最大トルク540Nm(55kgm)/6000rpmを発生。低回転域でも力強く、3250rpmで最大トルクの80%以上を発揮する。F430の4.3L V8の最高出力490馬力/最大トルク47.4kgmと比べると、出力・トルク共に約16%向上した。

l_127896_23.jpg



 トランスミッションは、変速時のトルク切れが少なく高効率の7速デュアルクラッチ式を採用。0-100km加速は約3.4秒未満、最高速度は325km/h超と発表された。また直噴システムの採用で燃費も向上し、公称値は13.7L/100km(複合サイクル)、日本式表記では7.3km/Lと同クラスで最高値を達成している。

02_458_665.jpg



ボディーサイズはF430と同等、進化した電子制御システム

 デザインを担当したのは、これまでも多くのフェラーリを手がけてきたピニンファリーナ。上部に長く伸びた縦長のヘッドライトや、大きく盛り上がった前後フェンダーが個性的だ。ボディーサイズは全長4527×全幅1937×全高1213mmと、F430の4515×1923×1215mmよりわずかに大きくなった程度で、乾燥車重は1380kgとF430の1450kgよりも軽い。


01_458_665.jpg



 サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンク方式。電子制御デフ「E-Diff」と、トラクションコントロール「F1-Trac」を統合して同一のエンジンECUで制御し、従来モデルと比べてコーナーを抜ける際の縦方向の加速が32%向上した。

 458イタリアは、現行のV8ミッドシップスポーツカー「フェラーリF430」の後継モデルという位置付けだ。フェラーリのV8モデルにはもう1モデル、09年発売のFRで2+2シーター、電動収納式メタルルーフを持つカブリオレの「フェラーリ カリフォルニア」がある。2シーターでサーキット走行も視野に入れた458イタリアに対し、カリフォルニアはマルチユースに使える実用的なクーペと、異なる性格付けがされている。






車(セダン)

posted by YOUICHI at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。